小さな胸は大きく出来る|美容クリニックでバストアップ

女の人

豊胸バッグによる豊胸手術

胸元

憧れのバストに近づける

バストの悩みとして多くの女性が、抱えているのは「バストが小さい」という事ではないでしょうか。豊かなバストの女性は、同性から見ても女性らしく魅力的に映ります。また、男性の目からではさらに、魅力的に映るでしょう。バストサイズが小さい事にコンプレックスを感じ、女性としての自信が持てないというのであれば、バストアップ効果のある整形手術を受けてみる方法がおすすめです。バストアップ効果のある整形手術には、色々な方法があります。その中でも憧れのバストに近づけやすいのが、豊胸バッグという整形手術です。豊胸バッグはシリコンをバストに入れて、サイズアップするのが特徴です。この整形手術であれば2カップ以上、バストアップする事も夢ではありません。また、シリコンは大きさが違うだけでなく、タイプや素材など色々な種類があるので、自分が希望するバストの形に近づけやすくなっています。例えばシリコンには、ラウンド型とアナトミカル型という、2種類あるのが特徴です。ラウンド型は丸く、お椀型をしています。仰向けに寝た際、自然な見た目になると言われているシリコンの形です。アナトミカル型は釣鐘型で、痩せ形の方が入れても不自然なバストラインに、なりにくいと言われています。このように、シリコンの形1つをとっても、見た目は大きく変わります。ですので、豊胸バッグでバストアップするという場合、シリコン選びが非常に大切です。

バストの悩みを解消できる

豊胸バッグはバッグ挿入法とも言われる、豊胸手術の1つです。シリコンによってバストを豊かに、ボリュームアップします。以前、豊胸バッグといえば生理食塩水のシリコンで、バストアップするのが主流でした。生理食塩水は万が一、シリコンが破損して中身が漏れ出してしまっても、体内に吸収されるので安心です。しかし、バストの触り心地が少し硬いという点が、難点と言われてきました。最近は生理食塩水のシリコン以外にも、様々な素材で作られたシリコンが使われるようになっています。その中の1つコヒーシブシリコンバッグは、本物のバストと錯覚するくらい触り心地が自然なシリコンです。また、何らかのトラブルでシリコンが破けてしまっても、中身が出てしまうという心配がありません。コヒーシブシリコンバッグ以外にも、耐久性が高くなおかつ自然にバストアップできる、シリコンが誕生しています。以前、豊胸バッグでバストアップした場合、仰向けに寝た時などシリコンが入っている事がばれやすいと言われていました。最近のシリコンは仰向けに寝ても、自然と横へ流れるものもあり、豊胸手術を行った事が知られにくくなっています。ですので、今後も豊胸手術を受けるなら、豊胸バッグでという方は増え続けるでしょう。